スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カルト教団「紀元会」の女性信者21人を傷害致死罪で逮捕

 長野県警は、信者死亡事件で、カルト教団「紀元会」の女性信者21人を傷害致死罪で逮捕した。

 朝日新聞によると、「長野県小諸市甲の宗教法人「紀元会」で信者の女性が集団で暴行され、死亡したとされる事件で、長野県警の捜査本部は15日午後、同市乙、無職窪田康子容疑者(49)ら信者の女計21人を傷害致死の疑いで逮捕した。21人はほとんどが地元在住で、女子中学生ら未成年4人を含む15~80歳。長野県以外では、水戸市や新潟県妙高市の信者が1人ずついた。暴行があったのは月1~2回開かれる会合の場。事件当夜の会合は日常生活の反省会の意味合いがあったといい、捜査本部は暴行に至った経緯を調べている。

 調べによると、逮捕された信者らは9月24日午後11時半ごろから翌25日午前0時半ごろまでの間、小諸市内の教団施設での会合で、信者だった同市荒町2丁目、すし店経営奥野元子さん(当時63)の全身を殴ったりけったりして、同日未明に死亡させた疑い。

 捜査本部によると、事件当時、現場には数十人の信者がいて、ほとんどが女性だった。このうち21人について、暴行への直接の関与が判明し、逮捕したという。窪田容疑者は教団創始者の娘といい、捜査本部は、幹部が暴行を指示し、組織的に犯行に及んだ可能性があるとみている。

 この事件では当初、同居していた奥野さんの家族が「自分たちがたたいた」などと供述。4人が傷害容疑で逮捕されていた。長野地検は15日、4人のうち奥野さんの夫の奥野和宏容疑者(35)と長女の森久里子容疑者(37)の2人を、教団の会合での暴行に加わったとして傷害致死罪で長野地裁に起訴。次女夫婦については暴行への加担が確認できないとして、県警が証拠隠滅容疑で再逮捕している。

 捜査本部によると、奥野さんには全身に殴打の傷があり、ぐったりしたため救護措置を取り、家族が医療機関に搬送したという。」とある。

 カルト宗教は、幹部の命令は、絶対服従だから、怖いですね。本来、命を大切にするはずの宗教が変質したのですね。第二、第三のオウム真理教は、まだまだいるはず。警察には、これらカルト宗教の徹底した事件化を望みたい。これらの団体がサリンを作ってからじゃ遅いですからね。
スポンサーサイト

テーマ : 気になるニュース - ジャンル : ニュース

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP | 

プロフィール

ぷーすけ6

Author:ぷーすけ6
FC2ブログへようこそ!東京に住んでいるぷーすけ6です。毎日更新してブログの帝王を目指していますので、よろしくお願いします。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

パーフェクトワールド

占いブログパーツ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。